講義名 感覚知覚システム (Srnsation and Perception System)
開講学期 4 学期 単位数 2--0--0
担当教官 内川 惠二 教授  R2棟 3階 330号室  内線:5453(長津田)
講義の目的 人間にとって有効で親近感のある情報処理・通信・表示技術の開発に不可欠な人間 の感覚知覚についての基礎知識を述べるとともに,感覚の定量化法や感覚データの 処理法を取り上げる.さらに,ヒューマンインタフェースなどの人間を中心とした 情報工学の基礎について講義する.
知識
ユニット
  • 感覚器
  • 閾値測定法
  • 感覚統計処理
  • 感度関数
  • 時空間周波数特性
  • 色覚
  • 色空間
  • 3次元空間知覚
関連科目・
履修条件等
<---   フーリエ変換とラプラス変換 ,   確率と統計
---> 情報認識 信号処理
教科書
  • なし
参考書
  • The senses, H. B. Barlow, J. D. Mollom編,Cambridge Univ. Press, 1985
  • 新編感覚知覚心理学ハンドブック,大山 正編,誠信書房,1994
  • 視覚情報処理ハンドブック,日本視覚学会編,朝倉書店,2000
講義計画
  1. 講義の概要と予定
  2. 感覚情報のとらえかた --- 物理刺激と感覚の関係
  3. 実際の感覚系の構造 --- 視覚系他
  4. 閾値の測定(1) 基礎の考え方,絶対感度,増分感度
  5. 閾値の測定(2) 測定方法
  6. 視覚の時空間応答特性
  7. 中間試験
  8. 色覚の基礎
  9. 色空間の考え方
  10. 色空間の実際
  11. 感覚統計処理 --- 信号検出理論の考え方など
  12. 3次元空間の知覚・立体視
  13. 感覚情報の記憶
成績評価 主に試験により評価する.
試験問題・
略解の公開
感覚知覚システムのページにて公開
担当教官
からの一言
特になし
関連サイト 感覚知覚システムのページ


インデックスへ戻る